うなる狛犬

南北朝時代、非業の死をとげた
新田義興公の 御霊を鎮める神社として あがみ祀られた神社。
655年の歴史がある。

うなる狛犬は
義興公をおとしいれた一族、血縁者末裔が 神社付近に近づけば、
決まって雨がふって 狛犬がうなったといわれてます。