つぶやいてみる

2013年5月21日 (火)

男鹿半島の春

Cimg6844  日本海沖の白い船 

 

Cimg6851_2  男鹿半島

Cimg6849  小さい漁港(門前地域)

4月5月と秋田にいました。

日本海側で過ごす、しばらく滞在することは始めての体験で

どこか うきうきしていた。




日本海側の感触は

生まれ育った瀬戸内とも、今いる関東の海とも、

あたりまえだけど あきらかに違う。




どこかの地域に いくたびに、

ここは 私にあうかな? それとも あわないかな?

なんとなく アンテナが立っていて、

いごこちがいいか どうか感じているし 探っている。



この場所、男鹿の地域は 人見知りのような気がする。

とっつきにくいし においが違う。

海風がつよく。すぐ雲に太陽がかくれる。

なんだか 寂しい気分になった。。


食べ物が 塩っぱい。。うん。

少し、いごこちがよくないと感じている。



でも しばらくして 少しづつ五感が 

私が慣れてきた頃から、

自然に はぐくまれた風土、土地のエネルギーの強さ。


その地に
根付く人々の暖かさや、結束。

自然を 敬う心と あたりまえな日々の神聖に気づく。

季節は 春へと大きく 変わり始めている。

地面全体が 山が ゆるり動いているようだ。

風の向きが日々ちがう。

なんとなく とっつきにくいかった人々は

生真面目で、辛抱づよく、シャイな気質なんだと思った。

あいまいだなぁと思った約束は

この風土に流れる時間軸の 間合いだ。

言葉のイントネーションで わかりづらかったこともある。




地域の文化を 取材することがあって、

文化、行事(神事)を伝える事を大切にしている。


男鹿 真山地域の方々、なまはげさんにあった。

詳しくは▶ 男鹿真山なまはげ伝承会 

Cimg6810_3 神様のつかいですが、2匹と数えます。。

 

なまはげ行事は 大晦日に行う神事ですが、

真山伝承館 で なまはげ体験ができます。

地域のみなさんは この体験を とても真摯に伝承しようとしています。



その衣装について、

なまはげ衣装のみのは 真山地域では『けで』と呼ばれています。

けでは 餅米か 古代米の稲穂の茎の長い部分(わら)で作られています。

なまはげさんが 動きまわり、

この けでが 落ちたら、

人々は それは 大切に拾って お守りとして

しまっておくそうです。(お財布にいれるとお金がたまるそうな)



お米が 楽して 沢山とれたとは思えない、
この土地で、

お米は 大切だし とても貴重だし ありがたいもの。

稲穂の部分も あますところなく大事に役だてたのだろう。

そうやって遠い昔から 暮らしてきたんだろうなぁ。なんとなく思いをはせた。





最初、ここは においが ちがうと思ったこと。


もしかして 藁かな、春の土の匂いかな 思った。

Cimg6850


そうして、なんとなく 


温かい、懐かしい気分になったことを 思いだしている。


















2013年4月26日 (金)

花犬

Photo_4 番犬の花犬さん。


ところどころに 春です。





2013年4月 8日 (月)

南三陸町だより -その2-

Cci00000 村岡賢一さん(漁師)南三陸 vol.1記事より

若返った海で 最高のワカメが収穫できたと顔をほころばせる 村岡さん。



南三陸町観光協会からフリーペーパーが出ています。

よいお話で 紹介させていただきます。


2012年2月25日発行 南三陸情報誌vol.1の記事。




若返った海を未来へ


村岡賢一さんは、

集落の中心となって、水産業の振興や南三陸町を代表する伝統芸能のひとつである

流山水戸辺鹿子踊りの保存に力を尽くしてきた。


村岡さんが住む戸倉・水辺地区、隣りの在郷地区と契約講の絆で結ばれた

住民たちが、

昔から海の仕事、森林や鮭が遡上してくる川の管理、運動会など、

何でも一緒に力をあわせてきた。


自然に生かされていることを知り尽くした先人たちが、

生きるために協働する集落を守り、継承してきた。

震災後、団結はますます固くなった。


何もかも失われ、13隻あった船が3隻になった集落で、

2つの地区の人たちはともに復旧活動に汗を流した。


避難所で子どもたちと共に練習を再開し、鹿子踊を全国10カ所で披露した。


ワカメの刈り取りやカキの養殖準備も行っている。

Cci00002 行山流水戸辺鹿子踊


津波で海が若返った、と村岡さんは語る。

カキやワカメの生育状況の速さでそれが実感できる。



自然がすべてを育ててくれる。

人間がこの海や漁や養殖を営むことは 両刀の剣だ。



よみがえった海を人間が大切にすれば、

海は永遠に恵みをもたらしてくれるだろう。



自然のサイクルを止めないこと。

それが南三陸町の海で生きる人間にとって一番大切なことだと

村岡さんは考えている。


「子どもたちに豊かな自然を残したい。その恵みこそ未来を潤す、

   かけがえのない財産だ。」



村岡さんは、今日も水戸辺の浜から海に出る。

何万回この海に出ても同じ思いが胸をよぎる。


「漁師の仕事はきびしい。出船の時は希望と不安がいりまじる。

  そして、陸に向かって帰るときは、心が安堵で満たされる。」



太古の昔から変わらぬ自然と人々の関係を、
このまま変わらず伝えることこそ、

何よりも大切なことなのかもしれない。

そう村岡さんは思う。

Cimg6705 晴れた日の漁港2013.4.5



これから 気持ちのいい季節になります。

南三陸町に 是非 遊びに行ってください。 美味しい 優しいところです。




















2013年3月21日 (木)

南三陸町だより -その1-

Cimg6462 南三陸町日の出 穏やかな海だ。


先週、今週はじめと南三陸町にいました。

また来週も行きます。
南三陸町をPRする目的の仕事です。
さら地になりました。

Cimg6478

Cimg6604

まだまだ ここからです。

南三陸町に 復興商店街があります。

南三陸町さんさん商店街。

Cimg6493 

Cimg6495 商店街の中に ピアノがあります。


Cimg6480 鮮魚店のかまぼこ


仙台からは 高速バス@1500 (約1時間50分)→ 南三陸町(志津川)に来れます。

お魚や たこや ワカメが美味しいです。

ーつづくー  








2013年3月 3日 (日)

ひな祭り

すこしづつ 春、近づいてきている。


日常の中で しなければならない事。

将来にそなえ したい事。

それを置いても、気持ちの中でしたい事。

もうひとつ、今 体はどうしたいのかな?


考えて、、

時間の枠の中、そして本能で選ぶ。

なにげない選択、ひとつひとつが未来をつくる。

本日後半、午後の過ごし方は、


で、最後、夕方の買い物は、

ひな祭り、、やはり 蛤と お花は買ってこうようと決めました。

Cimg6438 ひな祭りの箱。嬉しいです。


クリパルティチャー恵美ちゃんと史ちゃんからいただいた、

うまいクッキー。ひな祭りのあたたかい気分になりました。ありがとうね。








2013年3月 1日 (金)

いごこちのよい場所

Cimg6433世田谷代田でもいいけど、下北からも歩ける


ちょっと前に クリパルティチャー瞳ちゃん と 恵美ちゃん

お茶して 教えてもらった パン屋さんのカフェ。

教えてくれて ありがとうね。


最近の中で 一番、気にいったです。

その後、ちょくちょく行ってます。




ちょうどよい古さの洋館、一軒家。

人がよごしてもいい リラックス感。



少しアート系、

絵本や 村上春樹の本あり。

20代、初期の作品から村上春樹に傾倒したハルキストです。。。

パン好き。

コーヒーが濃い。



あー 私のストライクです。

この いごごちよさ、




この場所が好きかなーと思う、大事な友をつれていき

何でもない 話をする。

なんとなく 幸せを感じる。




急がしいなーと思う時ほど 

一緒に過ごす人や 場所。  食べるものを 丁寧に大事にと思う。



今を どう選ぶかは 自分しだいだからね。

その積み重ねの こころ感が 

なんとなく 次の変化へと、つながっていくように思うのです。














2013年2月12日 (火)

バレンタイン前



聞くと ちょっと、胸がつまる。


わぁ〜っ と





思い出したのは 


バレンタイン
前だからなのか? みつ。。。







カプチーノ

Cimg6352_2

なんか 好きです。

冬の定番。


あっ、あつくしてくださいっ。と

いつも何か 焦りながらオーダーしてしまいます。。

本日のは ねこさん。

ここのクロワッサンに最近、はまっております。






2012年12月30日 (日)

後ろ むいてみぃ

Pict0008

年末のこの時期なんだけど、、

ふと ばあちゃんのこと 思いだす。

高校入学とともに ばあちゃんと2人暮らしを始めた。

いわゆる 家庭の事情に 息がつまる私は、
気軽な ばあちゃんとの暮らしを選んだのです。

ばあちゃんは 明るく、力強く、ほがらかで、気持ちのいい人でした。
名前は テツノといいます。
ばあちゃんとの思い出、
今でも思いだすと じんわり暖かい気持ちになる。

私は ふたり暮らす中で、
ちょっとづつ ささくれが直るよう
他の誰かを いたわり、気づかう気持ちになれた。。

その思い出の中で、
ばあちゃんが 言っていたことを思いだした。
『 みっちゃん はよ 支度して、学校いかなぁー。』
訳:みっちゃん、身支度して 早く学校にいきなさいよ。

朝、ぐずぐずしている私に よく そう言っていた。
そうして、

『じゃあ、ばあちゃん 行ってきまーす。』
の時に 声がかかる。
『 後ろ むいてみぃ 』

『。。。。。。。。。。』

『 きれいや、行ってきぃー。』と言う。
ただ それだけだけど、
私は 変わりばえしない、いつもの制服を着ているのだけど、

なんとなく、『うん。行ってくる。』ちょっと元気に 学校へ向かった。

大人になっても
やはり、身支度は ぎりぎりで、
いつもくずくず するけれど、、

でも 出かける前に  さっと 後ろ姿を 鏡に映してみる。
うん。大丈夫。。
外の世界、街へ 出かけよう。


2012年12月24日 (月)

ひととき

Photo

今夜でもいい  明日の朝でもいい

ひとつ蝋燭を灯したい。

静かな ひとときを、


そうして

私は 手を合わせよう。

世界中が祈りをささげる この日。

私自身に 家族に 友人や知人に

縁があり知り合った人々に、

世界中すみずみに、、とまでは いかないかもしれないけど、

ココロに想う 生きとし生ける命に。 旅立った きらきらした命に。


どうぞ みんな 安らかでありますように。

目をつむる。。

ありがとう。

-Jai Bhagwan-



より以前の記事一覧

その他のカテゴリー