フォト

Facebook

コンタクト

  • メールアドレス:

1行紹介

クリパルヨガの一色光代です。

自己紹介文

ヨガを始めるきっかけや、今現在の心持ちです。


ヨガは2003年ぐらいから始めました。
当日は撮影関係の仕事に、ほとんどの時間をついやしていた日々で 楽しく刺激的であり、
でも、、仕事をしていない時は なんとも言えない空虚な感じ、このままでいいのかな?そう思っていました。
蓄積疲労、気分のムラ、対人関係、友人にも忙しい事を理由に関わりを避けていったように思います。

そんな中で、気分転換に行ってみたNYでヨガにふれました。ヨガしてる女性ってヘルシーで素敵と軽い気持で
興味を持ち 帰国後すぐにアシュタンガヨガのクラスに通い始める。

クラスは楽しく、ダイナミックです。
身体は変わってきます。
自分に自信がつくような、通い続ける中で、元気な私ならクラスについて行けるけど、
だめな私の時は練習する気もおきない。
練習しない自分にダメだしをする。。
他のヨガはと模索する中で、三浦敏郎氏のクリパルヨガを体験する。

なんだろうこのヨガ?
すごく新鮮でした。
身体を感じる時間、自由さがあったこと。ジャッジしない自分であれたこと、

終わった時に 満たされたような充足感、ヨガをして始めて出会った。
呼吸や身体の内側に意識を向けていくような言葉がけ、
戸惑いながらも、自分に意識を向けてみると、いろんな事が 私に身体に起きている。

今までの人生は、外で起きていることを察して、迅速に手配して、
なるべく自分に起こっていることは見ないようにしていた。
面倒だし、たぶんやっかいだと思った。それには怖さがあったんだと思う。


クリパルヨガの練習での気づきは、
日常での自分の癖、思い、在り方とリンクすることが時々ありました。
その体験に興味を持ちどんどんヨガをする中で、人生の方向に変化が生まれました。


ヨガ教師トレーニングを経て2008年に教師になりました。
ヨガにより人生に変容が起きたわけです。

ヨガをすることで、
ありのままの自分に気づき、
受け入れ自分らしく生きることにつながる、とも教えにありますが、
少し 綺麗ごとのようですが、、、

私は いまだに自己を肯定できず、
いろんなことを抱え、もやもやした不完全な自分がいます。
でも前よりは、不完全さを隠さず(どこかで恥と思っていた、隠したい所も)まあ、よしとしましょうと、だんだん思えてきて、
少しオープンになっている自分です。


今の興味はクリパルヨガの体験から生まれた、フェニックス・ライジング・ヨガセラピーのプラクティショナー(セラピスト)になるべく認定プログラム600時間を研修生として学び、認定を受けプラクティショナーになること。

クライアントとのセッションではいろんな人の心にふれ、自分のいろんな心とも出会っています。

ヨガやヨガセラピーを通じて、
何か、内に思うことをを抱える、
私と同じような、、誰か、

その人の身体に起きているリアルな体験が人生を変える、きっかけに繋がっていくことがあります。
そんな人の気づきのそばにいたいと思ってます。

人は自分から気づく力があります。

そこに、ヨガ教師として、セラピストとして
寄り添い、人と関わりを持ちたいなと思っています。

★長文乱文で失礼しました。

■資格
2008年03月、Brahmani & Jashoda 米国クリパルヨガ・センター公認クリパルヨガ教師養成コースを修了。
米国クリパルセンター公認ヨガ教師。

以下はヨガトレーニング講座修了で資格ではありません。

Yoga Fite:シニアヨガ指導者養成講座
トラウマ・アプローチヨガ:ティチャートレーニングコース。
Sara Powers: インサイト ヨガ25時間ティチャートレーニング2013年11月。
Maria Kirsten:大人の為のシニアヨガ40時間テイチャートレーニング2015年3月
Brahmani & Jashoda :陰ヨガ30時間教師養成コース2016年11月
あいうべ体操:マスターコース2017年9月 
等など


■その他の活動
地元今治産タオルで作ったヨガマット「Pippiyoga」デザイン、2018年販売終了。
イラスト等
撮影関係、キャステング。


2018年7月再更新

興味のあること

趣味興味: 神社巡り、海岸歩き、銭湯、散策 瞑想 漫画 映画 草間彌生、岡本太郎、美術館、アート 絵を描くこと 南三陸町の復興、 シルバー世代が可能な限り、身の回りのことは自分やれたりする普通の暮らしを願っています。